LPを会社なりフリーランスの人に依頼したとして、安く済ませたいと思ってしまいます。

でも、5万円から10万円が相場で、しかも1サイトでの料金です。

その出来上がったサイトを使いまわすわけにもいきませんから、

私のような一般人には、高額なお買い物になってしまいます。

それじゃ、デザインのみ依頼してみる

そこで考えるのが、

「デザインのみお願いしてみたら?」という思いつき。

安く済ませたいばかリに、どこかを削って依頼する。

どうせ、アクセスが集まったっところで、

凄いLPにたどり着いたところで、

訪問者が、何らかのアクションを起こしてくれるとは限らないから

極論になってしまうけど、

ワードプレスでどこかのテーマを使って

サイトを更新していけば良いんじゃないか?と。

LPを依頼するのに、1サイトごとに数万円を支払う気にはなれないし、支払うお金もありません。

結局、たいして料金は変わらない

フリーランスで、問い合わせてみましたが、

元々の料金設定が、ある程度決めているみたいだし、

デザインだけ貰っても、自分で作ったものでもないので、

逆に、テキストなどを後付けで入れていくのは大変だなと感じました。

デザイン崩れて、

「すみませーん 修正してください」

というのでは、デザインのみで依頼した意味がなくなってしまいますしね。

何か良いツールとか無いかな?

それじゃ、やっぱり自分で作るしかないのだろうね。

自分では無理だから、ソフトかツールに頼る。

カラフルにjinboにペライチなど多数あります。

カラフルも考えましたが、保留中でした。ずっと。

jinboやペライチは、ページ数に制限があることと、

自社のテンプレートなので、これらは対象外としました。

私の条件はワードプレスで使っていけること

またワードプレスのテーマの購入?

結局、ワードプレスのテーマ探し、、、

もう結構色んな会社の買ってるし、

これと言って物珍しいのも出ていないしで、

レスポンシブ対応なんていうのは当たり前だし。

ワードプレスのテーマに沿ってサイトを仕上げていくので、

カスタマイズにはもう、うんざりしていました。

テーマごとに細かい設定、、疲れます。

あるメルマガがきっかけ

株式会社Catch the Webのメルマガは読んでいたけど、

いつもは流し読み程度でした(すみません)

「あっ、いつの間にか社長さん変わったんだ。 」

サイトを見てみたときに社長さんの顔写真が出ていたので、

ふと、そんところに目が留まり、、、

そういえば、前社長の時から時々何かしらは買っていたな?と。

今回、改めて月間アフィリエイトにも入って、

お得な情報も取り入れることが出来ています。

中でも、キーワードスカウターは懐かしし、良いツールですね。

月額制ではなく買い切り型

2021年秋ごろに届いたメルマガで、

ワードプレス専用のプラグイン LPtoolsを発売するとの情報をもらいました。

まさに、LPを作るツールでした。

ワードプレス専用

何サイトでも

どのテーマにも

という制限なしのプラグイン

買い切り型なので、一度購入さえすれば、追加料金はかからない

ただ、金額は、32,780円(税込み)と私には、高額になってしまう。

ワードプレスのテーマを購入するときは、

大抵は、15,000円前後ですから、迷いながらも「ポチッ」と

購入ボタンを押せますが、3万円を超えるのだから、相当悩みました。

何度もLPtoolsのランディングぺージを見て、

送られてくるメルマガなども読み返しても決断できずにいました。

その理由は、

「3万円の出費は痛い。後で生活が困る」

そこだ最大の焦点でした。

もう購入する気満々でしたが、生活のことを考えると悩みました。

もうワードプレスのテーマを買うのは止める

その代わり、LPtoolsを買う!

と。自分自身に言い聞かせるように買うことを決断しました。

LPtoolsを手に入れてしまえば、

「テーマ選びに迷うことはないのではないのか?」

ワードプレスのテーマのデザインでなやむことなく、

あれこれ左右されないで済むんじゃないかと思ったので、

買うことを決めました。

年に1、2度のペースで、ワードプレスのテーマを購入していた私ですから、

いい加減にしないと。ともおもっていたので、良いタイミングだったし、

これを機会にワードプレスのテーマの購入は止める。

そして、LPtoolsを手に入れよう!そう決めました。

使ってみての感想

  • 出来ているテンプレート
  • 比較表もある
  • ボタンやバナーもあり、
  • フォントの大きさや色も
  • 背景色
  • 画像はもちろん動画の埋め込み

などなど、1クリックで簡単に操作できます。

しかも、綺麗です

ワードプレスのテーマの話ですが、

実際にもうテーマは買わなくても良いと思っています。

先のことは解らないので、購入するかも知れませんが、

LPtoolsは、それぐらい満足度の高いツールでした。

どうせ、ワードプレスでしかサイトは作らないので、

制限が無いことが◎

どのテーマにも、何サイトでも

これが良いです。

買い切り型だから、使い放題

クラシックエディタではなくブロックエディタ

この点は気を付けないといけませんね。

私のように、クラシックエディタを使っていた者には、

ブロックエディタに慣れるまでは、苦労するかもしれませんが、

いずれは、ブロックエディタが標準になってくるのは間違いないでしょうから

今のうちからブロックエディタに慣れておく必要もあると思います。

LPtoolsは、「投稿ページ、固定ページ、 LPを作る」のページがある

当たり前ですが、

URLが、変わったりしません。

出た当初は、 投稿ページと 「LPを作る」 でのみでしたが、

現在は、固定ページでもLPtoolsで作ったLPを作れます。

LPtoolsで作ったページは、clpが自動的に入ってました。

https;//aaa,com,clp/001 こんな感じだったと思います。

現在は、

https;//aaa,com/001 と表示されるようになっています。

(※.や:の箇所は、; , などに変えています。)

「LPを作る」というページもあり、

そこは、URLに「clp」が付きます。